top of page
  • kagawa46

2021年10月30日第53回神奈川県消化器病医学会総会で看護学部の庄村雅子教授が発表しました。

2021年10月30日、第53回神奈川県消化器病医学会総会がWEB開催されました(当番世話人:田邊聡先生)。ワークショップ「高齢化社会における消化器疾患マネージメント:肝」で看護学学科の庄村雅子教授が演題「レンバチニブ治療を受ける進行肝がん患者の臨床経過予測におけるHealth-Related Quality of Lifeの重要性:高齢者と非高齢者の比較」を発表しました。

閲覧数:63回0件のコメント

Comments


bottom of page