top of page
  • kagawa46

10月7日ー8日に第57回日本胆道学会学術集会が行われ、当科からも多数の発表がありました。

10月7日ー8日に東海大学消化器外科教授 中郡聡夫会長のもと、第57回日本胆道学会学術集会が行われ、当科からも多数の発表を行いました。加川は指導医養成講座1で「臨床医が知っておくべき胆汁酸の基礎と臨床」と題する講演を行いました。一般演題の部門では、川西彩先生が「悪性肝門部狭窄に対する術前ドレナージの有効性に関与する因子の検討」を、小玉敏生先生が「完全内臓逆位を伴った急性胆管炎に対して内視鏡的胆管ステント留置を施行した1例」を、山路葉子先生が「 無症状総胆管結石に対する内視鏡的結石除去術の成績」を発表しました。また、伊藤裕幸講師は市民公開講座「胆道がん治療の最前線」で「胆道がんの診断」と題する講演を行いました。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

徳島で第110回日本消化器病学会総会が開催されました。

5月9日から11日まで徳島で第110回日本消化器病学会総会が開催されました。荒瀬先生がパネルディスカッション「自己免疫性肝疾患の病態解明と診療展開」で「自己免疫性肝疾患に合併した骨粗鬆症に対するデノスマブの有効性,安全性の検討」を発表しました。また、一般演題で藤澤先生が「Fanconi貧血に関連した食道癌」、森町先生が「当院における腹部外傷に対するERCP症例の検討」、小村先生が「実臨床におけるB

Comments


bottom of page