top of page
  • kagawa46

鶴谷康太先生の症例報告がHepatology Researchに掲載されました。

更新日:2021年3月2日

鶴谷康太先生の論文「Case of hepatitis B virus reactivation after ibrutinib therapy in which the patient remained negative for hepatitis B surface antigens throughout the clinical course」がHepatology Researchに掲載されました。本症例は化学療法後にHBVの再活性化を認めましたが、HBs抗原は経過を通して持続陰性という、極めて珍しい症例でした。名古屋市大(現熊本大)の田中靖人先生にお願いして、HBVの遺伝子解析を行い、3つのHBs抗原escape mutationを検出しました。本論文はeditorialで愛知医大の伊藤清顕先生に解説していただきました。




. 2021 Feb;51(2):239-244. doi: 10.1111/hepr.13575. Epub 2020 Oct 8.

Case of hepatitis B virus reactivation after ibrutinib therapy in which the patient remained negative for hepatitis B surface antigens throughout the clinical course

閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示

徳島で第110回日本消化器病学会総会が開催されました。

5月9日から11日まで徳島で第110回日本消化器病学会総会が開催されました。荒瀬先生がパネルディスカッション「自己免疫性肝疾患の病態解明と診療展開」で「自己免疫性肝疾患に合併した骨粗鬆症に対するデノスマブの有効性,安全性の検討」を発表しました。また、一般演題で藤澤先生が「Fanconi貧血に関連した食道癌」、森町先生が「当院における腹部外傷に対するERCP症例の検討」、小村先生が「実臨床におけるB

Comments


bottom of page