top of page
  • kagawa46

第28回日本門脈圧亢進症学会総会において、荒瀬講師、鶴谷講師が演題発表をおこないました。

9月16日-17日に行われた第28回日本門脈圧亢進症学会総会において、荒瀬講師がワークショップ3「 門脈圧亢進症を伴う肝硬変に対する薬物療法の進歩 〜 QOL、予後の改善を目指して〜 」で「腹水合併肝硬変に対するトルバプタン治療におけるASI-7の有用性」を、鶴谷講師が一般演題で「門脈圧亢進症を呈した巨大肝嚢胞の1例」を発表しました。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

徳島で第110回日本消化器病学会総会が開催されました。

5月9日から11日まで徳島で第110回日本消化器病学会総会が開催されました。荒瀬先生がパネルディスカッション「自己免疫性肝疾患の病態解明と診療展開」で「自己免疫性肝疾患に合併した骨粗鬆症に対するデノスマブの有効性,安全性の検討」を発表しました。また、一般演題で藤澤先生が「Fanconi貧血に関連した食道癌」、森町先生が「当院における腹部外傷に対するERCP症例の検討」、小村先生が「実臨床におけるB

Comentarios


bottom of page