top of page
  • kagawa46

アメリカ肝臓学会(AASLD)2023に参加しました。

2023年11月10日から11月14日までアメリカ肝臓学会 AASLD 2023がボストンで開かれました。鶴谷講師が「Establishment of PFIC 3 mouse model carrying human-like bile acid composition by in vivo liver-specific gene deletion using adeno-associated virus and CRISPR/Cas9 system」をoralで発表し、高い評価を受けました。また、荒瀬講師が「A multicenter randomized trial comparing denosumab and zoledronic acid for osteoporosis in patients with primary biliary cholangitis (DELTA Study)」を、看護学部の庄村教授が「Impact of Atezolizumab + Bevacizumab Therapy on Health-Related Quality of Life in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma」をそれぞれポスターで発表し、充実した学会となりました。最後の写真は加川教授のメンターであるArias教授との集合写真です。





閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

徳島で第110回日本消化器病学会総会が開催されました。

5月9日から11日まで徳島で第110回日本消化器病学会総会が開催されました。荒瀬先生がパネルディスカッション「自己免疫性肝疾患の病態解明と診療展開」で「自己免疫性肝疾患に合併した骨粗鬆症に対するデノスマブの有効性,安全性の検討」を発表しました。また、一般演題で藤澤先生が「Fanconi貧血に関連した食道癌」、森町先生が「当院における腹部外傷に対するERCP症例の検討」、小村先生が「実臨床におけるB

Comments


bottom of page